忍者ブログ

「もし、QTCユニットが外れてしまったら・・・ EL Capitan編」の詳細記事: LEDライト明るい懐中電灯自転車ライト通販『douguya』店長の日記

LEDライト明るい懐中電灯自転車ライト通販『douguya』店長の日記

LEDライト 明るい懐中電灯 自転車フラッシュライト通販の『douguya』店長のブログです。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Navigation

もし、QTCユニットが外れてしまったら・・・ EL Capitan編

Peak LED Solutionsの新製品、ヘッドのツイスト加減で調光ができる【QTC】シリーズをご使用する上でのご注意事項です。
QTCユニットはボディ内のテール側にありますが、QTCユニットにある黒いリングをボディに当て付けることで半固定となっています。
固定(接着など)されていませんので、ピンセットなどを用いれば取り外すことも可能です。また力が加わることによって外れてしまう可能性も否定できません。
ボディを下向きにする程度では外れたりはしないですが、電池交換時などはQTCユニットが外れてしまわないように、丁寧なお取扱いをお願いいたします。

輸送中にQTCユニットが外れてしまうことを懸念しまして、当店販売分につきましては電池を挿入してお送りさせて頂いております。(電池はサービスです)

しかし、いくら丁寧に扱っていたとしても、固定されていませんので外れてしまう場合もあるかもしれません。
そんな時は慌てずに、QTCユニットを正しく組み立てて、ボディに装着することで復活します。

EL Capitan QTC HAを例にします。
Peak LED Solutions EL Capitan QTC HA
上にあるのがボディ、左にあるのがヘッド、ボディの下にある5点がQTCユニットの部品です。
部品の正式名称はありませんので勝手に命名します。
左上より
・裏側パーツ
・QTC
・マイナス端子側パーツ
・台座パーツ(白いもの)
・黒リング(ボディに当て付け半固定する)
小さい部品ですので紛失にはご注意ください。

組み立て方法です。
マイナス端子パーツと台座パーツです。
Peak LED Solutions EL Capitan QTC HA
それぞれ「六角形」な部分があるのが分かります。

台座パーツの六角形側を下向きにして、その上にマイナス端子パーツの六角形側を下向きにして載せ、QTCをマイナス端子パーツの凸部分に載せます。
Peak LED Solutions EL Capitan QTC HA

その上に裏側パーツを載せ挟み込みます。「パチッ」とはなりませんが、押し込んでください。
Peak LED Solutions EL Capitan QTC HA

黒リングを台座パーツにある溝に付けます。
Peak LED Solutions EL Capitan QTC HA
QTCユニットの組み立ては以上です。

次は組み立てたQTCユニットをボディに取り付けます。
QTCユニットの向き(QTCユニットの六角形側が電池マイナス極に当たるように)に注意してボディ底面に取り付けます。
ピンセットなどを使うと取り付け作業がやりやすいです。
QTCユニットの向きがボディ内で安定したら、電池を挿入して位置決め(ボディ底面ですが)をすると楽ちんです。

もしQTCユニットが外れてしまったら、上記の方法をお試しください。
ただしQTCユニットのパーツ紛失にはご注意ください。
PR

Navigation

「もし、QTCユニットが外れてしまったら・・・ EL Capitan編」へのコメント

「もし、QTCユニットが外れてしまったら・・・ EL Capitan編」にコメントする

コメント作成

Navigation

Copyright ©  LEDライト明るい懐中電灯自転車ライト通販『douguya』店長の日記  All Rights Reserved.
  • 忍者ブログ
  • [PR]

menu

プロフィール

HN:
douguya_tencho
性別:
男性
職業:
douguya店長
趣味:
懐中電灯

カウンター

RSS

アクセス解析

忍者アナライズ